生け花用の七立栗の生産はじめました・11月更新

焼酎ほあまり好まない。甘いものもあまり好まない。

自分が好まないものを作っても、人様にお出しできるような美味しいものができるはずもない。

七立栗の特徴は、連続着果することもあり、子宝栗とも呼ばれる。

うん!これ以上にないピッタリのものがある!

お守りを作ろう!

子宝守り、安産守り、いろんなお守りを作れる。

明治までずっと何百年もつなげてきたお寺の子孫だからこそ、エネルギーについて知っていることもある。

たくさんのエネルギーを、お守りに注ぎ込む。

皆様が幸せでありますように。

たくさんの想いを詰め込んだ、特別なお守りの試作に取りかかる、そんな秋を迎えております。

どのような想いが込められ、どのようにお守りが作られるか、

詳しくはメニューの『 お守りができるまで 』( ←12月中旬までにはアップ予定 )を参照下さい。

2018・11月

・・・

 

さて、いよいよ8月中旬過ぎより、生け花用の栗の出荷が始まります!

その後、生け花用として出荷出来なかった栗を拾ったとして、甘いものをあまり好まず、普段から栗を食べることがない自分にできることは何だろう・・。

自分のお口に合う『 何か 』を作り上げる方法を考えねばいけないなと、悩んだあげくに思いついたものは・・!

焼酎? お菓子? それとも・・。

いろんなことを試していきたいと思います。

2018・8

・・・

 

七立栗、大師七立栗とも言われる、この地域ならではの栗の生産に関わることができるようになるなんて、何と言う素晴らしいことでしょう!

しかし、農作業は初めてのことで、、、

できるかな・・・。

やれるだけのことはやってみます!

また出荷の際にはお知らせさせて頂きます!

2018・6末